上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top↑
動きのクセからくる、リズムのクセ
日常の中で、人の動作を良く観察してみると、


身体の動かし方は、実は数少ないパターンになっていることがわかります。


歩き方や椅子への座り方など、自然と動き方が定まってきます。


体型や経験などから次第に固定されていくのでしょうが、


その人なりの動きの型が生まれます。


それと同じように、演奏者によっても、リズムのクセが存在するのです。


楽器演奏は、身体の内部、外部の動きで音が決まるという言い方もできます。


身体のクセによって、音が決まってしまうのです。



これは、自分の身体で、使いやすいエネルギーの経路をつい辿ってしまう結果だと思います。


無意識でいるときほど、同じ型の動作が出やすいのです。



演奏中は、たくさんのことに集中しなければならないため、


自分のもつ技=得意な身体動作=通りが良いエネルギーの経路


をつい使ってしまう傾向となります。



ここを見抜くと、ドラムの演奏を聴くだけで、演奏者の身体の動きが感じられ、


その動きの内部の流れが読めてくれば、誰が演奏しているのか分かりやすくなります。



誰にでも、リズムのクセがあるからなのです。


そのクセは、演奏者の個性となります。


無意識にでて、始めて自分のリズムが出たと言えます。


それを意識的に上手に伸ばしていくことが、リズム感上達のコツです。


人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログ ドラムへ

[2012/04/21 11:07] | 未分類 | トラックバック:(1) | コメント:(0) | page top↑
<<リズムのなまりの重要性 | ホーム | 単純なリズムパターンには気を付ける>>
コメント:
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://gobobou.blog.fc2.com/tb.php/63-9a2197ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
まとめteみた.【動きのクセからくる、リズムのクセ】
日常のなかの動きを良く観察してみると、1人の人が使っている身体の動かし方は、実は数少ないパターンにっていることがわかります。歩き方や椅子への座り方など、自然と動き方が定 まとめwoネタ速suru[2012/04/21 11:20]
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。