上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top↑
ドラムの最初は、力を抜き、身体を緩めることを目標とする
初めて、ドラムセットを前に座るとき、

スティックの持ち方や、太鼓の打ち方、ペダルの踏み方、それらを組み合わせた基本的なリズムパターン

などを疑問に思うのではないでしょうか。


これらは、言ってしまえば、身体の動かし方に相当します。


上手な人の演奏を見ても、慣れていないと動きを追うことも難しいでしょう。


玄人の演奏であればあるほど、動きがスムーズであり、動きの質が素人とは完全に異なるからです。


初めのうちは、頭で理解しようとすればするほど、身体の動きがぎこちなくなり、


所々、力んで動きが途絶え、かたくなってしまいます。


頭もいっぱいいっぱいの状態ですから、そこで、リラックスしてなどと言ってもほとんど効果はありません。



しばらく練習し、慣れてくると、次第に力みもとれ、だいぶんスムーズな動きになります。



ただ、そこまでは、誰でも出来ることです。



大事な問題はここからです。


実は、ドラムの上達というのは、いかに身体を緩めることができるのかということが本質なのです。


リラックス程度では、生ぬるいのです。


出来るだけ筋力を使わずに身体を動かす術を徹底的に探ります。



そうすることで、次第に身体の動きと共に身体の『内部』の動きも変わって来るのです。



もちろん、力を全部抜いてしまうと、スティックすら持てません。


しかし、身体の使い方を変えれば、当初使っていた筋力はほぼ使用せずに演奏することが出来るようになります。


結果的に、スティックはほとんど握らなくなりますし、太鼓を打つのではなく、

逆に、音色に身体が動かされているような錯覚すら覚えます。



外からみた身体の動きばかりに注目するのではなく、


自分の感覚で身体の動きを捉えるようにしてみてください。


動き方を根本的に修正する必要のある場合もありますが、


基本的にはだんだんと楽に緩めていくことが、ドラム上達の本質です。

人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログ ドラムへ

[2012/01/28 01:33] | ドラム | トラックバック:(0) | コメント:(2) | page top↑
<<リズム感を良くすると「気」が通りやすくなる | ホーム | リズム感の良い音楽とは?>>
コメント:
こんにちは!
いきなりコメすいません(-_-;)

今わたしは高1でドラムを
やっているんですが、中々
力を抜いて叩けません。
ハイハットを叩いていると
腕が痛くて体力がもちません…


なにか良いアドバイスください(;_;)
[2012/02/08 20:21] URL | ひな #-[ 編集] | page top↑
ひなさんのご質問
ひなさん はじめまして

ごぼう紳士でございます。

ハイハットを叩いて腕が疲れてしまうのは、右手首を上手く使えていないためだと思われます。

まずは使い方を練習しなければなりません。

肘や指や肩を使わずに、バウンドしない布団などで、手首を鍛えるスティックコントロールのトレーニングをお勧めいたします。


ごぼう紳士 拝
[2012/02/10 20:35] URL | ごぼう紳士 #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://gobobou.blog.fc2.com/tb.php/52-c5812059
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。