上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top↑
リズム感の良い音楽とは?
今回は、入門的な話です。

リズム感のよい音楽とはどんなものなのでしょうか?


最近の日本人の音楽は、


以前のように、ミュージシャンが明らかにリズムを外しているということがあまりありません。


1つ考えられる理由が、洋楽の文化が浸透してきていることでしょう。


洋楽といっても、


それは、黒人がつくった音楽の魅力をもとに、


アメリカやイギリスが世界中に発信してきた音楽のことです。


現在の日本の音楽から見れば、リズム感が良い代表格は黒人であり、


そして、洋楽はその黒人のリズムが基本にあります。


この黒人のリズム感は、日本人には馴染みの薄いものでしたが、


最近になって身近なものとなったということでしょう。



なので、日本人は、以上のような意味では、リズム感が良くなったと言える面もあります。


しかし、音楽の表現力は下がっているのではないでしょうか。


それは、ほとんど音楽が画一化してしまったからです。


日本には音楽文化が根付いていませんから、


今まで、いかにアメリカの音楽を上手く輸入できるかどうかが


音楽力を上げるためのポイントだったのですが、


もう、それも限界が見えてきたようです。


コンピュータによって音楽を操作できるようになったことも影響しているでしょう。


大量生産されたインスタントのような音楽ばかりです。


リズムに対する感性が鈍い音楽が多くなってしまいました。





では、改めて、良いリズム感の音楽とは、なんでしょうか?


それは、音楽の中にリズムがとけ込んでいるものです。


ちょっとした表現の違いを感じる繊細なリズム感によって、効果的に表現された音楽です。



人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログ ドラムへ

[2012/01/23 01:08] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑
<<ドラムの最初は、力を抜き、身体を緩めることを目標とする | ホーム | 演奏中は特に何も考えません>>
コメント:
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://gobobou.blog.fc2.com/tb.php/51-290525c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。