上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top↑
リズムで相手の身体と心を動かす
リズムによって相手を動かすことが出来ます。



本来、音楽の持つ力は非常に大きいものであり、


音楽とは神に捧げるものでした。 


人間は、人智を越えた神と、音楽の力を借りてコンタクトしようとしたのです。


だからリズムも、当然、本来は大きな力を持つものに違いないはずです。


リズムの持つ大きな力のうち、分かりやすいものを言えば、


リズムパターンによって、他人の動きを、ある程度誘導することができることでしょう。



リズムパターンを考える際に、


踊りの動きがそのままダンスミュージックのリズムパターンになったと考えることも出来ますが、


逆に、音楽によって、踊りの動きが決まってしまうとも言うことができます。



もちろん、ロボットのように操ることはできませんが、大まかに動きを引き出すことは十分可能です。



祭太鼓のリズムに合わせて、思わず体が動き出すことは分かりやすい例だと思います。



しかし、日本人は、音楽に合わせて動く習慣があまりないのか、


それとも今あふれている、流行の音楽のリズムが日本人に合っていないのか、



日本人はあまり音楽に合わせて体を動かそうとしない傾向があります。





リズムによって、相手の体を動かすためには、


まず音楽を演奏する側と聴く側が音楽を通して同調することが大切です。


そうすることで、動きを誘導させやすくなります。


これは、その場の空気を感じ取り、素直に演奏することが大事です。


同調できてくれば、演奏者の意図で、聴く側へ動きの誘導がかかります。


例えば、少し前のめりの音を出せば、体は前に動き出しやすくなり、


後ろに引っ張るリズムには、体は跳ね返る感覚を覚えるのです。



実際、その通りに動いてもらえるのかどうかは、難しいところですが、


そうやって、音楽の表現が相手の体に直接響くのです。


その効果の延長線上に、直接、心に直接響く音があると考えています。


リズムに合わせて ↓↓クリック↓↓  お願いします♪♪  

人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログ ドラムへ

テーマ:音楽 - ジャンル:音楽

[2011/12/23 23:24] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑
<<拍の取り方は色々あります | ホーム | ごぼう紳士のリズムへの考え方>>
コメント:
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://gobobou.blog.fc2.com/tb.php/44-c5108e78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。