上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top↑
ハーレム(ニューヨーク)から見た日本人の音楽
ちょうど3年前、ハーレムで一番有名な日本人、トミー富田さんを尋ねました。

トミーさんは、黒人音楽が好きで、思わず日本からニューヨークのハーレムに移り住んで来られたそうです。

黒人音楽の殿堂、アポロシアターの評議委員も務められておられます。



ハーレムに来られる前まで、六本木のバレンタインという、当時非常に有名なジャズのお店を持っておられました。


ですから、日本のジャズミュージシャンのことはだいたい知っておられ、裏話などはとても面白いのです。



中には公表してはまずいものもあり、一部だけ紹介します。

アポロシアターは、ジェームス・ブラウン、マイケル・ジャクソンなど数多くのスターを輩出し続ける、名門中の名門ライブハウスです。


アポロシアターに出演したがる(させたがる)日本人はとても多いのです。


しかし、日本人の演奏レベルでは、まずお話しにならないとトミーさんは言われます。


ですから、日本のビックネームがアポロシアターに出演する際には、

バックバンドもわざわざ日本から全員連れて来て、お客さんも日本人で貸し切りの状態にしたり、

お金を払って特別に出場枠をもらったり、というのが実情なのだそうです。


「自分の力だけで勝負して、予選落ちした平井堅は偉いよ。本物だよ。」


とトミーさんは語っておられました。


言うまでもないことですが、日本人の音楽は、本場には到底及ばないのです。



さらに、私はトミーさんからジャズについて教えてもらいました。


「レコードは一度聞いたら捨てるしかない。このことが最近、こっちに来てようやく分かったんだ。」



沈黙しながらじっと何度もレコードを聴き込んで、自分勝手な解釈をし、


無益な討論をすることに辟易されたのです。



ジャズは生きています。ライブにしかジャズは存在しないのです。


終わった後の音は、言ってしまえば、どうでもいいものです。


「今、近くのジャズバーでよく演奏している、あまり上手くはないドラマーがいるんだけどね。そいつのソロが長いんだよ。でも、ソロをじっと聴いてると、たまにキラッといいフレーズが光るんだよ。」


トミーさんは嬉しそうに言われていました。


インプロヴィゼーションとは、今、この場で音楽が誕生する奇跡です。


録音され出来あがった音楽は、その余韻が残るだけのものでしかありません。


最初から答えがある音楽は死んでいます。


日本には、音楽を大切に育てる土壌がなく、日本人は生きた音楽が分からなくなってしまっているのでしょう。


ハーレムから見た日本人の音楽は、人間味の無い、冷めたものにしか見えないのです。





リズムに合わせて ↓↓クリック↓↓  お願いします♪♪  

人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログ ドラムへ


[2011/11/24 01:27] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑
<<リズムゲーム、音楽ゲーム(音ゲー)では良いリズム感は身につかない | ホーム | グルーヴとは? 拍に深さのあることです>>
コメント:
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://gobobou.blog.fc2.com/tb.php/30-233a9e63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。