上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top↑
グルーヴとは? 拍に深さのあることです
グルーヴとは? という疑問は

バンド演奏をするミュージシャンにとっては必須の禅問答のようなものです。

人から人へ伝えられていくこの感覚は、頭で理解しようとしても難しいものです。


本を読んでも、録音された演奏を聞いても、おそらく実践出来ないのではないでしょうか。


自分一人だけで演奏するのならば、もしかしたら知らずに出来てしまっている可能性はありますが、


仲間と演奏する場合は、グルーヴを知らないと難しいでしょう。



グルーヴという言葉自体は、よく、「ノリがよい」などの意味で頻出キーワードとなっていますが、

私は、軽々しく、口にする言葉ではないように思います。(今回は思い切って、多用していますが・・・。)



なぜならば、言ってしまえば、日本人のミュージシャンは、ほぼグルーヴしないからです。

まさか、「自分はグルーヴしていません」と公表するようなミュージシャンはいるはずもありませんが、

自分たちでは、はっきりダメだと案外分かっているものです。


そして、日本で出回る音楽もグルーヴしていないものが多いのです。



ところが、海外の上手なミュージシャンは「結局は、グルーヴしないと・・・」


などとよく言っていますから、それを受け売りする日本のミュージシャンもそう言わざるをえないのが現状なのです。


結局、グルーヴとは何なのか、よく分かっていないまま、言葉だけが先行してしまっています。


なので、自分勝手な妄想と一緒に、都市伝説のような理論が次々と出てくるのです。


カッコイイことを言う人でも、自分で演奏する音に嘘をつけませんから、分かる人から見ると、思わず笑ってしまうようなものもたくさんあります。


グルーヴしている演奏は、聞いたら判別できるけれど、それがどういう仕組みになっているのかよく分からないから、地に足のついていないカッコイイことを言ってしまうのでしょう。


つまり、自分では実践できないままに、自分勝手な解釈を広めていることが多いのです。



では、グルーヴとはそんなに難しいものでしょうか?


今までの話をひっくり返すようですが、グルーヴは体で分かってしまえばそう難しいものではありません。


きちんと教えてもらえるならば、誰にでも実践可能だと思います。


つまり、現場で実際に、グルーヴするミュージシャンに教えてもらう機会がないから、グルーヴしないのです。


グルーヴは、ミュージシャンから次の代のミュージシャンへ演奏の中で伝承されるべき技術なのですが、

日本にはその土台となるような文化が無いため、身につけるチャンスが少ないのです。



私は、貴重なグルーヴする日本人ミュージシャンたちから教えを受けてきて、この問題点に気がつきました。


だから、その簡単なコツを、たくさんの人に広めたいのです。


ただ、文章には限界がありますが、これからも出来るだけ分かりやすく伝えたいと思っています。




グルーヴとは、拍に深さがあることです。

拍の深さは、体を使ったリズムによって作られます。



では、なぜ日本人はグルーヴしにくいのでしょうか。

それは、日本人は、拍に深さを作りにくいような、拍の取り方をしているからです。

つまり、体でリズムを取れないのです。


文字通り、小手先だけで、拍を取ってしまいます。


小さく、小さく、まとまろうとする傾向があるのです。


このことを、客観的に分かることがまず第一歩です。 


白人、黒人とリズムの取り方は大きく違いますが、どちらも、(日本人よりは)大きく体で拍を取ろうとします。



詳しくは、これからも、できるかぎりの説明をしていこうと思います。



リズムに合わせて ↓↓クリック↓↓  お願いします♪♪  

人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログ ドラムへ

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview





[2011/11/22 00:21] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(3) | page top↑
<<ハーレム(ニューヨーク)から見た日本人の音楽 | ホーム | リズム感を鍛える(リズム感は衰えるのか?)>>
コメント:
グルーヴ
はじめまして!
いいBlogですね!
ネットでグルーヴ教えるのはもったいないかもしれませんねww

でも音楽で重要な事ですからね!
私も若者にグルーヴを教えたりしていますよ!
[2011/11/29 13:00] URL | たかちゃん #WGv/JGO2[ 編集] | page top↑
Re: グルーヴ
たかちゃんさん  はじめまして。

ごぼう紳士でございます。

お誉めの言葉を頂き、大変嬉しく思います。

もし参考になるのであれば、ドンドン活用されてくださいね!!

今後ともよろしくお願い致します。

ごぼう紳士 拝
[2011/11/30 01:39] URL | ごぼう紳士 #-[ 編集] | page top↑
いい記事みつけた
パーディーが好きな僕。じっくり拝読させて頂きます!
[2017/04/11 14:07] URL | つのだべろ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://gobobou.blog.fc2.com/tb.php/29-ebb50b82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。