上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top↑
リズム感を鍛える(リズム感は衰えるのか?)
リズム感を鍛えるというと、何か、トレーニングをするかのように聞こえますよね。


イメージとしては、ストイックに自分を追い込みながら、メトロノームとのコンマ何秒のズレを修正することでしょうか? 


もしくは、手拍子に合わせてひたすら、ステップを習得するための動作を繰り返すことでしょうか?


おそらく、ここで言われているリズム感を鍛えるとは、頭で考えた理想に向かって、体の動きを微調整していくことなのでしょう。


それらはきっと、スポーツのように、若くて体が良く動く頃にピークを迎えるものです。

歳を重ねる毎に、体の動きや感覚が鈍り、それと共に現役を退いていくものでしょう。



しかし、本当のリズム感を鍛えるのは、そうではありません。


まず、リズム感の習得とは、不可逆的なものであり、実力が落ちたり、スランプになるということなどあり得ません。


楽器を演奏するにあたっては、どうしてもエネルギーが要求される部分もありますが、一度掴んだ感覚はもう鈍らないのです。



ですから、私のいうリズム感を鍛える方法とは、イメージトレーニングのことです。


そして、そのイメージは身体の感覚に連動しています



体で分かる人というのは、センスがある人や、多くの経験を積んだ人のことをいいます。


一度到達した場所からは、落ちようがありません。


というのは、一度高みを知ってしまったら、そこから落ちることを体が許さないのです。



上達というのは、ある日突然、光が見えることから始まります。


自問自答しながら練習を重ねていくと、

「もしかしたら、こうすればうまくいくかもしれない」

と、直観でひらめくことがあります。



できてしまう(1つステップが上がる)のは一瞬の出来事です。


つまり、リズム感というのは、日々のトレーニングで少しずつ上達するものではないです。

少しずつ比例のグラフのように上達するものであれば、それは少しずつ失われるものでしょう。


しかし、リズム感は違います。



後戻りのできない階段を登って行くのです。


分かる のか 分からない のか。


できる のか できない のか。


その一段一段の段差を登って行くことこそ、リズム感を良くするコツの正体なのです。



何となくできている感覚は、すぐに失います。 


確信して体で習得した感覚は、本番の演奏中にでも必ずできるものです。



上を見れば、果てしない音楽の世界ですが、


現在活躍する有名なミュージシャンを見渡す限り、見えている階段の数はそう多くはありません。


一つひとつの階段を、出来るだけわかりやすく、明らかにしていきたいと思います。




リズムに合わせて ↓↓クリック↓↓  お願いします♪♪  

人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログ ドラムへ







[2011/11/20 23:22] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑
<<グルーヴとは? 拍に深さのあることです | ホーム | 自分だけ正解しても、演奏としては不正解>>
コメント:
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://gobobou.blog.fc2.com/tb.php/28-ff787196
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。