上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top↑
リズム感という言葉に対する感じ方は人によって違う
リズム感を良くするといっても、漠然としていますよね。

音楽を演奏する上で、リズム感が良いということがいろんな意味に変換されているんです。

例えば、みんなに合わせるのが上手い人だったり、テンポが安定している人だったり、一人でも自分の雰囲気を作る人だったり・・・。


だから、いろいろなやり方でリズム感を良くして、いろんな人の考えている「良いリズム」の条件を満たし続けることが、リズム感上達の秘訣でしょう。


思うに、日本人の言うリズム感が良い人は、周りに頼られながらも自分を保ちつつ、自分はあまり出しゃばらずに、周りに合わせられる人のことだと思う。

なかなかそんな方は、おられませんよね。

でも、周りは確実にそれを求めていますよ。私はドラムを演奏しますから、よく感じております(笑)


しかし、実際はそんなことは序の口で、さらに奥深くにリズムの深淵があるのです。




ただ、いきなりそこを目指すことなく、一歩ずつ近づけば良いのです。終わりはありませんからね。


ヒントだけ言うならば、一見、矛盾するような相反する要求を、同時に解決していく事ですよ!!

みんなに合わせながら、自分のペースで演奏できるんです。


おいおい話をしていこうと思います。 それでは。



リズムに合わせて ↓↓クリック↓↓  お願いします♪♪  

人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログ ドラムへ


[2011/10/23 01:26] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑
<<リズム感を鍛える(メトロノームを使うことの注意点) | ホーム | 今日から始めます。>>
コメント:
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://gobobou.blog.fc2.com/tb.php/2-710de94d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。