上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top↑
トニーウィリアムスのシンバルレガートと古武術
最近、大学生にドラムの指導をすることがあり、

思うところがあって、また本格的に練習を始めました。


スティックワークを練習するときには、ドラマーの教則本では満足できなくなりましたので、

古武術 というジャンルを参考にしています。



実際は、ひとくくりにジャンルとして扱えるものではありません。

それぞれの武術家が、それぞれの信念を持って技を磨いておられるからです。


武道の世界へ行くと、次は気の世界を無視することができなくなり、一見、ドラムとは関係のない世界かのようにも思えます。


しかし、タイミングの取り方は、呼吸や精神的なものと大きく関係していますので、


案外ヒントはたくさん隠れているものです。




例えば、トニーウィリアムスのシンバルレガートは、とにかく早いのです。


少しでも気を抜いたら、すぐに置いて行かれると思います。


テクニックの面でも、タイミングの面でも、隙がありません。


私は、ずっとそれを再現したくて練習をしてきましたが、ようやく技術が追いついてきました。


リズムのタイミングの話は、ちょっと説明がむずかしく、今回は詳しい解説はしません。

簡単に言えば、「時間に入る」という感覚の話になります。 

もっと簡単に言えば、相手が出ようとするところで音を鳴らす(鳴っている)のです。


今回は技術の話をします。


それは、純粋に、スティックワークの技術力ということになります。



いかに力を抜くか、そして、指の意識の細分化が要求されています。


私は、実際にスティックの握りを大学生に教えながら、また腕の使い方を鍛えてみようと思いました。

違う練習ばかりしていたのですが、いつの間にか自分の指の精度が上がっていたからです。


ポイントは、小指の使い方です。


激しい腕の振りと、繊細な指によるスティックワークのつなぎ目は、小指にあります。

トニーウィリアムスの先生である、アランドーソンが、

小指を常にスティックにつけるという指導したのにも納得がいきます。


武術でいえば、小指は、刀の使い方の時にも重要な役目がありますし、


腕の回転の軸になる尺骨との関係もあります。



小指は重要なポイントになりますので、意識して練習してみてください。

人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログ ドラムへ

[2012/05/10 15:28] | ドラム | トラックバック:(1) | コメント:(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。