上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top↑
リズムのなまりの重要性
民族音楽にはリズムのなまりが強くでていることがほとんどです。


例えば、ドラム・パーカッションの世界で、ラテン音楽をと呼ばれているジャンルを勉強しようとすれば、

すでに先人の研究があり、数多くの分類を見ます。


ひとつずつの基本のリズムパターンを抽出した「まとめ」を発見するたびに、その分析に驚かされます。

ほとんどが解析されているので、すでになぞが解けているかのような錯覚を受けます。


しかし、いざ自分がそれを実践しようとするならば、そのような分類は案外役に立ちません。


たとえ細かく、なまり方、を分析してあっても応用がきかないのです。


音を聞いたままに表現すれば、その場ではある程度マネすることが出来ますが、

別のシチュエーションになると途端にそのなまりが使えなくなります。


それは、なまりは、歴史を背負っている重いものだからです。


一朝一夕で身につくものではありません。


身につけると、自分の中の常識を、今とはもう一つ増やすことになります。


つまり、リズムのなまりには、自分の中の視点を増やし、

リズム感を飛躍的に向上させる秘密が隠れているのです。


そのためには、なぜそのなまりが出るのか、身体で納得するまで体験し、考えねばなりません。


実際、後天的に身につけようと思えば、それはものすごく大変なものがあります。


しかし、達成したときには、1つ上のレベルになっていることは間違いありません。


音楽の拍がより鮮明に見えるようになっているはずです。


分かってしまえばこれほど簡単なことも無いのです。これは自転車に乗るような感覚があります。


一度身につけると、頑張って、もう細かく分析する必要もありません。





私がハーレムで地元のミュージシャンのジャズの演奏を見たとき、


あまりリズム感が良いとは言えない黒人も、ジャズの(黒人の)パルスで演奏していました。


黒人のパルスを出すことは、私にとって、難易度の高いものでしたし、


実際に、今でも日本では、かなりの実力があるジャズプレーヤーも出来ていないことが良くあります。


それをいとも簡単に、しかも演奏があまり上手くないのに・・・


当たり前の話でしょうが、私はとてもショックを受けたことを覚えています。


私が苦労して身につけたものは、向こう(ハーレム)では当たり前のものだったのです。


しかし、その経験で私はより深くリズムを知ることとなりました。見えてくる世界も変わりました。


ぜひ、なまりを通じて、音楽の深さ、世界の広さを体感して下さい。

人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログ ドラムへ

[2012/04/28 23:36] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。